東京で探すAGA病院の7位に輝くHARG治療センターの真実を知るためにまずは治療内容一覧をチェック

東京で探すAGA病院の7位に入っているのがHARG治療センターで、このHARG治療センターの真実を知るためにまずは治療内容一覧をチェックしてみるのが早いですからとにかく一覧を見てみますと、こちらのセンターでは初期費用として半年間を1クールとして半年で120万円かかるのですが、これは初期コストとしては他のAGAクリニックに比べても高いほうだといえます。しかし5年間という長期コスト面を見てみると1クール後は年に1度通院するというだけでよく、たった190万円ですむのですが、他のクリニックでは初期コストこそ安くても長期コストでは毎月通院しなければいけないので600万円も必要になってしまうので結局高いお金を支払うことになってしまうのです。HARG療法は6回から10回が1コースとなっている治療で、細胞のターンオーバーや毛周期を考えると幹細胞が髪として成長するためには2週間から1か月に1度の治療をそれだけの回数こなすほうがより効果的なのだといえます。AGA専門の病院なだけにHGシャンプーというものもあり、しっかりと太く丈夫な髪を育てるためには欠かせない頭皮環境を整えるために使えるので便利ですし、毛髪増強とボリュームケアに良いコンディショナーや毛根改革や発毛促進に良い育毛ローションなどとセットで使ってみるのも良いでしょう。

 

HARG療法ではメソカクテルとAAPEを加えたHARGカクテルを利用しますが、AAPEというのが特に重要で、これは健康な成人女性から採取した脂肪幹細胞を培養した細胞から分泌された様々なグロースファクターと呼ばれる成長因子を含んだタンパク質のことをいいます。この成長因子は休止期の毛母細胞を成長期へ導いて成長期の育毛細胞の活動を刺激ししてくれるのがメリットで、AAPEの中にはFGF-7という毛包成長期の誘発効果のあるものやVEGFという毛髪再生を促進させるものなど150種類以上の細胞から分泌されるタンパク質が含まれていますので、成長期段階にある毛髪を誘発させる効果や増殖毛乳頭細胞とケラチノサイトの増加、毛包成長の増加などの効果を得ることができます。ちなみにケラチノサイトというのは角化細胞のことをいい、お肌の乾燥を防いで潤いを与える効果があるので、育毛の上ではとても重要な役割を果たします。特に注目されているのが韓国のHARGカクテルで、HARG療法の治療方法は4回目の治療後に発毛の効果を感じる方が多く、これはちょうど治療開始から5か月から6か月ほど経過した時期にあたり、大体の方は6回目を受けたら治療は完了となることがほとんどですが、治療効果には個人差があるものなので6回ではなく、8回ほどかかる場合やなかなか効果が感じられない場合はごく稀に10回ほど受けるという方もいます。

 

治療法にはいろんなやり方があり、細い注射針を使って頭皮に注射する形で薬剤を浸透させるという方法が多くのクリニックで使われていますが、痛みにも個人差があり、痛くてたまらないという人もいますのでHARG治療センターではエレクトロポレーションという無痛治療も用意されており、これは細胞膜に電気を使って穴を開けてそこに成分を直接注入するというものになります。肌には角質層があり、これは良い意味でお肌を守るためのバリア機能として働いているのですが、HARG療法の場合は逆に薬剤を浸透させるための妨げになってしまうので、この細胞膜に特別なパルス電流を流すことで極小さな穴を開けて角質層に隙間を作ってしまうのです。穴が開いてしまうなんて本当に治るのかと心配する方もいますが、開けられた穴はしばらくすれば自然とふさがってしまいますから心配はいりませんし、穴が閉じてしまうことで注入した薬剤をしっかりと閉じ込めてくれるので薬剤の効果もしっかりと効いてくれるようになるのが良い点だといえるでしょう。

 

注射療法も行なわれており、こちらはパピューレ法と呼ばれているのですが、改良されたAAPEを使いますので注射による注入でも痛みを感じることなく、しかも即効性が高いのが特徴なので最もポピュラーです。一般的には注射による注入は施術後数分から数時間ほど痛みが持続する場合があったのですが、こちらの注射療法ではそれがなくなっていますし、痛みを感じないので治療前に必要だったブロック麻酔をしなくても良くなったのがメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です