東京でAGA治療病院を探す前に一般病院との違いを知ろう

AGA(男性型脱毛症)の治療においては、医療機関にて医師の診断のもと治療を進めていくことにより、自身で育毛剤を使用するより何倍も高い効果で発毛を実感することができますが、男性型脱毛症に悩む男性が増加傾向にあることから多くの医療機関で治療を行えるようになり、東京だけでもかなりの数の医療機関が存在しています。
治療できる医療機関が増えることは、患者さんにとっては自分に合ったクリニックを選ぶことができるため、より効果的な治療を受けやすくなりますが、その一方では多くなり過ぎたことでどこを選べば良いのか分からない方もいるのではないでしょうか?
特にAGA治療では、専門クリニックの他に皮膚科や一般病院でも治療を受けることが可能で、一体どちらを選んだら良いのか迷ってしまいがちですが、東京で医療機関を探す前に一度専門クリニックと一般病院との違いを知っておくことで、自分がどちらで治療してもらいたいのかが分かってくるので、ここでは一般病院との違いについて詳しくご紹介していきます。

 

AGA専門クリニックの特徴はというと、男性型脱毛症に特化して治療を行い、確実に髪の毛を生やすことを目的において治療を行うため患者さんのカウンセリングには力を入れており、頭皮検査によって現在の頭皮の環境や頭皮の特質、毛量、毛質、薄毛の進行具合など、あらゆる角度・観点から頭皮のチェックを徹底的に行っていきます。そして、カウンセリングの結果や患者さんの要望などを考慮したうえで、その患者さんに最適な治療方法を提案していくのが特徴で、主な治療方法としては、AGA治療ガイドラインにおいて推奨度Aに認定されている「フィナステリド」と「ミノキシジル」の2つの有効成分を併用する「オーダーメイドの治療薬療法」や、より効果的な発毛を促進させる成長因子グロースファクターを直接頭皮に注入する「AGAメソセラピー治療」などがあります。
また、専門クリニックによっては、世界が注目する最先端植毛ロボットを導入した「ARTAS植毛」を行うクリニックもあり、薄毛の進行具合や症状に合わせた最適な治療方法を選ぶことが可能となっており、これらの治療法の中で、特に成長因子を使ったメソセラピー治療法やARTAS植毛などは、一般の病院や皮膚科ではほとんど行われていません。
東京の病院では男性型脱毛症の治療を行っているところもありますが、患者さんへのカウンセリングや検査は行わないこともあり、行ったとしてもそれは一般的なもので、処方する治療薬はどの患者さんでもフィナステリドのみ、通院頻度は専門クリニックが1ケ月に1度の割合であるのに対し、一般病院は1ヶ月~半年に1度という割合であることが多いです。
一般病院で処方されるフィナステリドは、主に薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンを作りだす還元酵素を阻害するのが大きな働きであり、その阻害効果は高いですがこの有効成分自体には発毛促進効果はないので、薄毛を抑制させることしかできず毛を生やすまではできません。
髪を生やす働きを促進させるのはミノキシジルと呼ばれる有効成分であるため、専門クリニックのように2つの有効成分の併用によって、初めて薄毛を抑制しながら髪を生やすことができるのです。

 

東京でAGA治療病院を探す場合には、髪がまだ生えていて抜け毛を防ぎたい状態であれば一般病院や皮膚科での治療でも効果を得ることは可能ですが、ある程度進行して頭皮が目立って確実に髪を生やしたいと思う場合には、オーダーメイドのAGA治療薬や毛髪再生メソセラピーなど、専門クリニックでしか受けられない最先端の治療法を選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です