東京で探すAGA病院5位のイースト駅前クリニックの真実と治療内容一覧について

東京で探すAGA病院で5位にランクインしているイースト駅前クリニックですが、このイースト駅前クリニックはどういったクリニックなのか、イースト駅前クリニックの真実と治療内容一覧についての記載になります。まず、このイースト駅前クリニックですが東京は新宿院と新橋院の2ヶ所で、大阪院と合わせて3ヶ所ありどこも駅から1.2分程度と非常にアクセスが良く通いやすくなっているのが特徴です。また、3院共に予約不要で平日は夜20時まで診療を行っていて仕事の後などでも通いやすく、スタッフも全員が男性なので恥ずかしい思いをする事が無く、更に初診料・再診料が0円となっているAGA専門の病院なのです。

 

 

イースト駅前クリニックの診察の流れについてですが、予約不要なのは共通ですがAGAは自由診療なので保険証の持参も必要が無く受付で初めての場合は初めてだと伝えて、次回以降は初回の時にもらえる診察券を提示すると言う形になります。医師による診察の前に問診票を記入するのですが、ここで持病のある場合や薬を服用している場合はしっかりと記載する事が大切になっており、これを元に医師による問診や診察を行っていきます。医師による診察は数分程度で終了するので非常に短時間になっており、院外薬局などではなく院内にてプロペシアを処方してもらえるので最短時間で処方してもらう事が可能で時間が無い人にも非常に便利になっていて、薬がもらえるだけというのも可能です。

 

 
イースト駅前クリニックでは、プロペシア処方のみという訳ではなく、他の治療方法と併用も推奨しておりアロビックスとミノキシジルの2種類の外用薬の処方を行っています。イースト駅前クリニックのAGA治療内容一覧としては、プロペシアの処方とアロビックスの処方、ミノキシジル5%外用薬の処方となりますが、これらはそれぞれ効果が異なるものです。東京では、プロペシアは28錠6,780円(税込)140錠31,900円(税込)で処方していますが、これは都内でもトップクラスの安さになっている訳ですが、AGA治療と言えばこのプロペシアは欠かせないものになっています。

 

 
プロペシアはフィナステリドを有効成分とした1日1錠服用する薬なのですが、抗アンドロゲン薬の1つであり男性ホルモン(テストステロン)を抜け毛を促進する強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換させる5-α還元酵素を阻害する薬で、6ヶ月以上の服用により90%が効果を実感し、3年間の服用で98%が効果を実感すると言う非常に効果が高い薬になっていて、抜け毛を止める事で今まで抜けていた髪が抜けずに太く育つので髪が増えると言う形になっています。プロペシア(フィナステリド)が抜け毛を抑制すると言う効果があるのに対し、アロビックスは1,540円(税込)で処方されており塩化カルプロニウムを主成分とした塗布タイプの脱毛治療薬で、薄くなっている部分に直接塗布することにより血行が促進され抜け毛を抑制し、発毛を促すタイプの治療薬になっていて、プロペシアとは異なるアプローチなので併用する事でより治療効果が高まると言われているのですが、ミノキシジルも頭皮に直接塗布するタイプの薬で5,960円(税込)で処方されており、血管拡張作用によって発毛効果があるのですが、イースト駅前クリニックではドラッグストアなどで販売されている同内容の一般用医薬品よりも安価になっているのが特徴です。

 

 

イースト駅前クリニックは、3院共に最寄り駅から徒歩で1分というアクセスの良さに加えて、平日なら20時まで診療しているので仕事帰りなどでも通いやすいことはもちろんの事、薬代のみの初診料・再診料0円なだけでなくその薬の価格も一般的なAGA治療を行っているクリニックよりも安価になっている事が特徴で、スタッフも医師はもちろんの事受付のスタッフに至るまで全員が男性なので、デリケートな相談もしやすい環境なのが人気の理由と言えます。
また、AGAの治療には欠かせないプロペシア(フィナステリド)は2015年の2月の処方価格の改定により28錠6,780円、140錠31,900円となっていて、院内処方になっているので待ち時間が非常に短く、時間が無い人でも安心して受診が可能になっていて、併用する事で効果が高いアロビックスや、ミノキシジルもドラッグストアで購入するよりも安価になっているので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です